少し誇大広告な感じもあるボクサープレス 加圧シャツ

少し誇大広告な感じもあるボクサープレス 加圧シャツ





この手の商品ではありがちなバッキバキの上半身が。

家にいるときも外出中でも加圧シャツを愛用しています。

30代40代になってくると悩むお腹のたるみ。

ベルトの上に脂肪がのっかってなんやこりゃ。

筋トレでも使える加圧シャツ。

肌着としてもぴったりはまりますよ。

加圧力が高くて着やすくて脱ぎやすいボクサープレスでした。

面倒くさがりでずぼらで不摂生なあなたにぴったりのアイテムです。

ジムにはいきたくない。

筋トレなんてつづかない。

でも今の体型がいやだ。

30代になって。気になる体型。

ベルトの上に乗っかった脂肪。

ぶよぶよ。こんなのやだ。そんなあなたにボクサープレス

ボクサープレスはemsのようなトレーニングをしている方にも使えます。





加圧を受けながら筋トレにも使えます。

もちろん加圧シャツだけで痩せるなんて不可能です。

ボクサープレスは通気性もよくてすぐに乾きます。

汗をかいても体にまとわりとくこともありません。

締め付けてきてカラダが引き締まる感じ。

背筋がピンと伸びて、カラダが引き締まる感じです。

下着っぽくないのでランニングでも道場でもトレーニングジムでも使えます。

汗をかいてもすぐに乾いてさらっとするボクサースリム。

金剛筋シャツよりもいいです。改善改良されています。

脱着も簡単で脱ぎやすいボクサースリム。

腰のあたりを締め付けてきて身が引き締まる思いです。

シャツの裏側から体が加圧されます。

ウエストのあたりに三本ラインがあって。

加圧がかかります。

3D加圧構造というらしいです。

カラダに密着して着るだけで体のラインがきれいに見えますよ。

スリムな服は全身を綺麗に見せます。

意外と見落としがちな後姿もよくなります。

ボクサープレスは背中も矯正するので姿勢もよくなりますよ。


バツの字を描くように背中がかあつされます。

スパンインデックスが高くなると効果も高くなる加圧シャツ。

締め付ける繊維の量が多くなると、かえって効果が弱くなることも。

ボクサープレスはそのあたりも改善されています。

ユニクロやGUのシャツみたいなボクサープレス。

全然おじさんくささはありません。

ジムや道場、普段着に。トレーニングウェアに。

加圧されて筋肉ムキムキ。

ボクサープレスは三枚以上で送料無料です。



いいとこずくめのボクサープレス?

もちろん人間のように悪い面もあります。

カラーはブラックのみです。

首元はVネックではありません。

Yシャツの下に、スーツの下に、ジャケットの下に。

無理やりなら着れますが、こっけいな恰好になることでしょう。

このあたりは金剛筋シャツにはないポイントです。

白いのが好きっていう人もいますよね。

ごめんなさい。黒しかないんです。

ではもう一度。ボクサープレスのメリット、デメリットを。

通気性がよくて物干し竿に干せば、すぐ乾きます。

汗をかいてもべとつかず、するっと脱げます。

締め付けてきて、背筋がピンと伸びます。

おじさん臭いデザインではないので様々なシーンに使えます。

レジャーやドライブ、旅行、観光、お食事にも。

ボクサープレスはこれまでの加圧シャツのアビリティを受け継いでいます。

また、改善されているポイントもあります。

ボクサープレスは三枚以上買うと送料無料です。

ボクサープレスは加圧シャツです。

肌着にも。普段着にも使えるかあつしゃつ。

30代40代にボクサープレスの効果感想着用してみた。



上半身は引き締まるBOXER PRESS 公式サイト

息苦しさもなく自然な着用感。

いつでもどこでもお手軽トレーニング。ボクサープレス。

ダイエットグッズにも。

締め付けで食べ過ぎも抑えます。

市販はされていません。amazonや楽天さんにもありません。(2018/1/8)

公式サイトは無難安全安心です。

アスリートも着用するボクサープレス。

お腹周りに効果あるとよくコマーシャルしています。

3D加圧構造

スパンインデックス。

加圧と着け心地の両方を。

背筋身長縫製ボクサープレス。

筋肉エクセサイズ。

サイズはsサイズ、Mサイズ。

手洗い推奨。

腕周りの縫製もしっかりしています。

ビジネスマンには不向きです。黒シャツしかないので透けます。

ヘルスケアに。

ぽっこりお腹解消ボクサープレス。





枚数 お値段 1枚あたりのお値段
単品1枚 3,980円 同左 送料別
3枚セット 9,980円 3,326円 送料無料
5枚セット 16,630円 3,326円 送料無料
6枚セット 19,960円 3,326円 送料無料

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする